ブルーベリーの育て方を詳しくお教えします

ブルーベリーガーデンnavi

様々な楽しみ方がある

ブルーベリーは自宅でも育てることができる植物となっています。ブルーベリーは鉢植えで気軽に育てることもできますし地植えを行うようなことも可能であり、その楽しみ方は様々にあるものです。以下ではブルーベリーの育て方について詳しく解説していきます。

ブルーベリーの育て方

ブルーベリー

育てる時の大切なポイントについて

これからブルーベリーを育てる時に重要となることが、ブルーベリーを植える土の状態を整えること、正しい水やりを行うこととなります。ブルーベリーが育つために良いとされる土は酸性となっています。そしてブルーベリーを育てるためには充分な水分を与えてやることが大切になってくるのです。したがってブルーベリーを育てるような時には、その土の性質から考えることをお勧めします。また土に充分な水分を与え、乾いてしまわないようにすることが大切となるでしょう。
そして、ブルーベリーを育てるなら、実を付けさせたいと思う方も多いはずです。ブルーベリーが実をつけるためには、異なる種類のブルーベリーを一緒に育てる必要があるでしょう。異なる種類で受粉を行うことで、ブルーベリーは実をつけることができるのです。

種を植える時期・方法について

種からブルーベリーを育てる場合には、その最適な時期を見極めることも大切となります。ブルーベリーを種から育てることに不安があるという方はブルーベリーの苗も販売されているため、苗から育ててみるのも良いでしょう。
ブルーベリーの種を植える時期としておススメできるのが、3月頃となります。発芽させる時には、脱脂綿などを利用すると良いでしょう。ブルーベリーの種を濡れた脱脂綿の上に置き、脱脂綿が乾いてしまわないように注意する必要があります。ブルーベリーの種が無事発芽したら、鉢などに移してあげるようにしましょう。

苗を植える方法について

ブルーベリーを苗から育てるという場合には、まずは苗を選ぶことから始めましょう。良いブルーベリーを育てるための苗のポイントとなるのが根が沢山出ており、太さがしっかりしている苗となります。なぜかというとブルーベリーの苗は他の植物などによって栄養が充分に補給できなければ枯れてしまうこともあるからです。そのため、しっかりと生命力のある苗を選ぶことが大切となるのです。ブルーベリーの苗にきちんと栄養を行き届かせるためにも、周囲の雑草などを抜いておくと良いでしょう。ブルーベリーを枯れさせないように育てるには、まずは鉢で丁寧に育てていくことをお勧めします。ある程度成長したら、地植えを行うと良いでしょう。

正しい土の作り方について

ブルーベリーに適した土は、酸性の土となっています。そのためピートモスといった酸性となる土を混ぜるようにする必要がでてくるでしょう。土は自分で調合することによって酸性にすることも良いですが、不慣れな方はブルーベリー専用の土を購入するのも良いでしょう。ブルーベリーを育てるのに適した土とは、水分を十分に保ってくれるような点も重要となってきます。したがって、土を購入するような際には、そのような事も考慮すると良いでしょう。

ブルーベリーのおススメ記事

果物

種類や品種について

ブルーベリーは様々な種類があることで知られています。その品種や種類によって実の味も大きく異なってくる事があるのです。そのため、これからブルーベリーを育てたいという方は、実がどのような味になるのかを考えて選ぶことをおススメします。

READ MORE
広告募集中