ブルーベリーの品種や種類を解説していきます

ブルーベリーガーデンnavi

ブルーべリーの種類は多くあるものです

一口にブルーベリーといっても様々な種類があるものです。その種類は原産地によって異なっていたり、異なるブルーベリーを掛け合わせることによって様々な品種が存在しています。また、日本においてブルーベリーを育てたいという場合には、その種類や育て方をきちんと確認することによって育てていくことが可能となるでしょう。

種類や品種について

果物

ブルーベリーの主な種類

ブルーベリーにはどのような種類が存在しているのでしょうか。以下では代表的なものをご紹介していきます。
・ノーザンハイブッシュ
比較的寒いような地域でも育てることができるのが、ノーザンハイブッシュとなります。このノーザンハイブッシュの原産国となるのはアメリがとなり、-20℃といった気温であっても育てることができるようです。
・ラビットアイ
可愛らしい名前のラビットアイは、暖かい地域で育てるのに適しているブルーベリーとなります。また、比較的どのような土であっても育つことができることが特徴となっており、育てやすいと言えるでしょう。
・サザンハイブッシュ
サザンハイブッシュは、様々な気温であっても育てることが出来る品種となっています。原産国はアメリカとなっており、野生のブルーベリーを交配して生まれました。

品種について

ブルーベリーには品種も沢山存在しているものです。ブルーベリーを初めて育てるといった方は、上記以外にも初心者であっても育てやすいブライトウェルといった品種を育ててみることをお勧めします。品種によってブルーベリーを育てる難易度も異なってくるためブルーべリーを育てることに慣れてきたら、様々な品種のブルーべリーに挑戦してみると良いでしょう。

直立性・開帳性について

ブルーベリーには大きく分けて二つの樹木の形が存在しています。その一つが直立性と呼ばれるものです。直立性のブルーベリーにはその中心の密度が高くなってしまうという問題が発生しやすいため、プランターなどで育てていくような場合にはよく注意する必要があると言えます。もう一つの樹木の種類として挙げられるのが開帳性と呼ばれるものとなります。この開帳性のブルーベリーは葉が下に向かって垂れてしまいやすく、不安定なことも多いと言えるでしょう。そのため定期的に管理を行ったりと、育て方に工夫をする必要がでてくるものなのです。

種類によって味も異なる

その品種や種類によって、ブルーベリーの実の味も大きく変わってくるものであると言えます。どのよう変わってくるのかというと、甘さや酸味、舌触りなどに違いが現れてくると言えます。中には苦みを感じるようなものもあるのです。ブルーベリーを育てることを考えたときは、その実がどのような味がするのかということも下調べしておくと良いでしょう。

広告募集中